メモ: SinaAppEngineの利用開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のPaaS急先鋒であるSinaAppEngine(通称SAE)の登録方法のメモ。
現時点でSAEではPHP、Java、Pythonが利用できる。確か2年ぐらい前にRubyもいけるようになるとか言ってたけどどうなったのか・・・

まず新浪微薄(http://weibo.com/?lang=en-us)のアカウントが必須となる。
メールアドレスとニックネーム、誕生日を入力すれば登録できるので、あとは登録後に届くアクティベーションメールのリンクをクリックすればWeiboのアカウント作成は完了する。

次にSinaAppEngine(http://sae.sina.com.cn/)を開き右上のRegisterを押下するとWeiboのアカウント入力欄(授权 SAE新浪云计算平台 访问你的微博帐号 ,并同时登录新浪微博)が出てくるので上記で登録したメアドとパスを入力して登録と書いてある赤いボタンを押下する。(要するにOAuth2で「SAE新浪云计算平台」というアプリのを認証している)
すると、「SAE新浪云计算平台」によるアクセスを許可するかどうか許可を求めてくるので赤い「授权」というボタンを押下する。

「第二歩 安全設定」という画面に切り替わるので下記を入力する。

  • 真实姓名
    氏名を入力、まあ適当でも良いと思う
  • 安全邮箱
    このSAEアカウント用のメールアドレス
  • 安全密码
    このSAEアカウント用のパスワード
  • 确认密码
    パスワード再入力
  • 绑定手机
    SMS認証をかけるので携帯電話を入力、国際SMSが使えるのか不明。なので日本なら+8190********とかになるのかな?
  • 联系电话
    上記と同じで良い
  • 验证码
    CAPTCHA入力
  • その他
    利用許諾チェックボックスをチェック

これで、SMSで届いた検証番号入力画面になるので届いた番号を入れて、最初のウェブアプリケーションを登録する感じだったと思う。
http://*****.sinaapp.com/ こんな感じでアプリケーションコンテキスト毎に専用サブドメインを貰える。

ちなみに身分証明書の確認は飛ばしても良い。身分証明書の登録をして開発者として認証されると云豆というSAE上での仮想通貨のポイントが2,000ポイントもらえる。標準では500ポイント入ってるので各クラウドの利用料はそっから払う感じになる。

各種ドキュメントはまあ中国語になるんだけど、コード見ればわかると思う。